武術整体とは

(武術整体 律芯館心身調整法とは)

 

元々律芯館で行われている古流柔術に端を発します。

古流の柔術には活法と言われている独自の治療術があり、

戦の負傷者や稽古中の怪我を治療するものでしたが

現在では多くは失伝し律芯館でも多くは伝わってませんでしたが体系として考えると健康法、治療術は不可欠であり

幸いにも独自の鍛錬と骨格の繋がりを能くする独自の体操は伝わっており

その理合いをもとにしてまた師の独自身体メソッドや柔術の技にヒントを貰いつつ整体術を構築しました

その技は柔術の体操であり、関節技であり

以前は武術を修行している身にも関わらず、即効性が求められる骨格系の故障や怪我の調整にまだ

納得行かない物がありました。

(以前の整体てあては自律神経の調整であり、長中期的に調整するものだからです)

武術整体を使うようになってからは痛みや故障の改善率がかなりよくなりました

 

[特徴]

全身の骨格の繋がり(正確には骨格を繋がりを感じる身体の動きが上手くなる)が良くなるので日常生活や運動での腰痛や肩の痛み等の 関節、筋、腱、等の問題の改善 仮に故障箇所自体の改善率が悪い場合でも身体全体統一されてるので、故障箇所以外の全体で動く事により痛みの軽減や問題なくスムーズに動ける事に繋がる可能性があるという事で これはなかなか他の徒手の治療術にはない特徴と言えると思います

[長所]

腰痛、肩こり、膝痛、等の骨格系、運動系の痛みの改善、軽減

 

 予約、料金など